装置概要
検査対象(ワーク)の仕様に合わせた専用回路を用いて試験環境を構築して検査を行います。
CPU、FPGAを用いて主制御部を構築し、検査に必要になる電源または信号源の制御を行います。
パソコンと連動することで測定データの管理や外部機器の拡張性が広がります。
構成ブロック図